フォトアート制作

富士山について
 ・富士山は、撮影する要素が非常に多義に渡る難しくも、
  魅力的な被写体です。
  時間、天候、湿度、場所、高度、そして撮影をする人の感性。
  それらが、幾重にも重なり出来上がった作品がイメージ通り出来た一枚に、感動を覚えます。
  それが、富士山撮影です。

風景について
  ・風景撮影は、目的をもってその場で撮る方法と、
   スナップ的に撮る方法の2種類があります。
   自分は、スナップが多いですが、何のけない毎日の違った表情を
   切り抜くのがとても、楽しい感じです。


   
ポートレートについて
  ・人物の撮影は、その人の素敵な表情を撮影していく。
   四季の中で、その人の持っている素晴らしさを撮影していく
   また、気の合った人たちと、その場でイメージを出し合って
   持っている魅力と場所の魅力の融合をしていく。
   それが、ポートレートの魅力や魔性だと思います。

PAGE TOP